債務整理&借金相談お申込みサイト

借金問題を素早く、そして優しく解決してくれる司法書士や弁護士をご紹介!

借金返済に関する専門用語

任意整理とは

知識を付けてブラックリスト入りに注意

借金の問題でトラブルを起こしてしまうと信用情報機関、いわゆるブラックリストに載ってしまうということがあるのですが、それでは具体的にどんなトラブルの際にブラックリストに載ってしまうのかを紹介していきたいと思います。

まず最初に、意外かもしれませんが多重債務状態では必ずしもブラックリスト入りするとは限りません。返済が遅れてさえいなければブラックリスト入りはないのですが、返済日により3ヶ月以上延滞した場合にはブラックリストに登録されてしまいます。

また、その延滞中はのみならず支払後も1年間は抹消されないので、延滞には注意してください。他に主なブラックリスト入りしてしまう債務整理には、任意整理・自己破産・個人民事再生・特定調停・過払い金返還請求などがありますが、それらの専門用語についてはしっかりと違いを確認しておきましょう。

金融ブラックリスト

借金返済に関する専門用語

ブラックリストとは

そもそもブラックリストとは? ブラックリストという言葉を聞くと、悪い事をした人が載っている名簿の様な物を想像する方も多いと思いますが、実際にはそういった名簿、あるいは一覧表などは存在せず、個人信用情報機関において、金融事故の情報が登録されている状態を指します。 この状態をブラックリストに載るという言い方をしますが、具体的にはクレジットカードやローン契約をする際に記載した個人情報が信用情報機関に登録されており、ここで全ての取引状況が管理されている為、借金の返済が滞ったり、自己破産などを起こした場合はその記録 ...

特定調停のお願い

借金返済に関する専門用語

特定調停とは

経済的な負担を少しでも抑えたいなら 特定調停とは、将来的に借金の返済が滞る恐れがある場合、自身で直接簡易裁判所へ申立てをする手続きの事です。 本来、法的手段を取る場合は弁護士の方にお願いをしますが、経済的な負担を少しでも抑えたい方は自身で直接裁判所へ申立てが出来る特定調停を利用すると良いでしょう。 この場合、裁判所との連絡は全て自身で行い、書類の準備や作成なども当然本人が行わなければいけません。 その為、多少時間はかかってしまいますが、不明な点は調停委員からアドバイスを受ける事も出来るので特に大きな問題は ...

個人民事再生

借金返済に関する専門用語

個人民事再生とは

財産を維持したまま借金を減額できる 個人民事再生とは、多額の借金を返済する事が困難な場合、財産を維持したまま借金を大幅に減額させる手続きの事です。 この手続には小規模個人再生と給与所得者等再生の2種類があり、主に法人や個人事業主の場合は小規模個人再生を利用する事になりますが、会社員やサラリーマンなど安定した収入がある場合はどちらでも選択する事が出来ます。 両者の違いは再生計画の決定基準にあり、例えば給与所得者等再生の場合は裁判所の許可があれば再生計画案を基準に借金を減額する事は可能ですが、小規模個人再生に ...

多重債務の救済方法

借金返済に関する専門用語

多重債務とは

多重債務の状態とその結果 多重債務とは、借金の金額ではなく少なくても2社以上の会社からお金を借りている状態の事です。 実際に2社以上から借り入れをし、滞りなく返済をされている方も多いので、借り入れ自体が悪いという事ではありませんが、中には返済が追いつかず借りては返すを繰り返し、いつの間にか借金地獄に陥っているという方もいらっしゃいます。 結局、消費者金融のカードローンやクレジットカードでキャッシングを利用した場合、当然ですが、借入金+金利手数料を合わせて返済する必要があり、1社の場合は比較的管理がしやすく ...

過払金返還請求成功

借金返済に関する専門用語

過払い金返還請求とは

払いすぎた利息は取り返せる 過払い金返還請求とは、貸金業者に対して払い過ぎていた利息を返金してもらう法的な手続きの事です。 2010年に利息制限法が改正され、借り入れ金の金額によって利息の上限が定められた為、改正前に借り入れを行っていた場合、上限を超えた利息を払っていた可能性があります。 これを現在の法律に基づき引き直し計算をする事で、払い過ぎていた利息があった場合、貸金業者に対して返還請求を行う事が出来ます。 又、借金の返済が遅れた際に発生する遅延損害金についても同じく利息の上限がある為、これも合わせて ...

自己破産とは

借金返済に関する専門用語

自己破産とは

自己破産は最終手段 自己破産とは、裁判所に申立てをし、財産を清算する事で借金を免除してもらう手続きの事です。 現在、多額の借金を抱え返済が自身の収入を上回り、とても返せる見込みがない状態の場合、支払い不能という判断のもと、所有する財産を処分し裁判所の許可を得て、残った借金を免除してもらう法的手段をとる事が出来ます。 この場合、破産手続きと合わせ免責手続きを行う為、当然ですがこれまであった借金が全てゼロになり、貸金業者からの催促や取り立てなどの苦しい生活から開放され、新たに人生をやり直す事が出来ます。 但し ...

Copyright© 債務整理&借金相談お申込みサイト , 2022 All Rights Reserved.