債務整理&借金相談お申込みサイト

借金問題を素早く、そして優しく解決してくれる司法書士や弁護士をご紹介!

債務整理の悩みや心配ごと

債務整理で住宅ローンどうなる?

更新日:

過去に債務整理を行った場合は…

住宅ローンの申請をする際、自身の年収は勿論、年齢や職業、勤続年数など様々な条件を基に無理のない返済可能な金額が算出され、借り入れの上限金額が設定されます。

その後、銀行による事前審査と信用会社による本審査が行われ、2つの審査に無事通れば晴れて本契約となりますが、住宅ローンの審査で最も重要視されるのは信用情報と返済能力です。

信用情報は、クレジットカードなどの契約の際に記載した個人情報が信用情報機関に登録されており、過去の返済状況に問題があった場合、全ての記録が登録されている為、返済能力が無いと判断されれば当然ですが審査には落ちてしまいます。

しかし、例え審査に落ちても他の金融機関で申請をする方法や、頭金をある程度準備し借り入れ金を少なくするなど、住宅ローンの審査を通りやすくする方法は色々ありますが、まずは審査に落ちた理由を自身で把握する事が重要です。

尚、過去に任意整理や自己破産などの債務整理を行った場合は、最低5年~10年の間は住宅ローンの申請は勿論、車のローンを組むことも難しいと言えます。





 




ヤミ金業者・ソフト闇金・悪徳金融など、国や都道府県に貸金業としての登録を行っていない貸金業者からの借入れがある方や、「ヤミ金かな」と不安を感じた方は、闇金問題解決に特化したコチラの→「無料相談窓口」をご利用ください。

-債務整理の悩みや心配ごと

Copyright© 債務整理&借金相談お申込みサイト , 2022 All Rights Reserved.