債務整理&借金相談お申込みサイト

借金問題を素早く、そして優しく解決してくれる司法書士や弁護士をご紹介!

債務整理の悩みや心配ごと

任意整理のメリットとデメリット

更新日:

裁判所を介さず貸金業者と直接交渉する

任意整理は借金問題を解決する手続きの中で、最も多く利用されている債務整理の1つです。

裁判所を介さず貸金業者と直接交渉をする為、専門的な知識が豊富な弁護士や司法書士に依頼をし、返済額や返済計画の見直しなど、支払能力に応じた和解交渉を行って貰います。

従って、その分費用はかかりますが、和解が成立すれば将来利息のカットにより借金が減る可能性は勿論、月々の返済額を減らし長期分割払いにするなど、多くのメリットが考えられます。

又、催促の電話や執拗な取立てなども無くなるため精神的な負担が軽減される他、何より保有する財産を処分する必要が無い為、持ち家や車はそのまま維持する事が出来ます。

しかし、任意整理を行った場合、信用情報機関に事故情報が登録される為、その後の生活において一部制限が設けられるというデメリットも生じます。

例えば、クレジットカードの利用は勿論、車のローンや住宅ローンなど金融機関からの融資に関して、最低5年から10年といった一定期間は新たな借り入れが難しくなります。

尚、借金が免除される訳ではなく法的な強制力もない為、貸金業者が和解に応じてくれない場合は、今後の収入や保有財産などを鑑み、個人再生や自己破産といった他の債務整理を検討する必要もあります。

任意整理のメリット

  1. 和解交渉により返済が楽になる
  2. 将来利息のカットにより借金が減る可能性がある
  3. 催促の電話や執拗な取立てが無くなる
  4. 精神的な負担が軽減される
  5. 自宅や車はそのまま維持できる

任意整理のデメリット

  1. 信用情報機関に事故情報が登録される
  2. 新たな借り入れが出来ない
  3. 借金が免除される訳ではない
  4. 和解交渉に法的な強制力はない

-債務整理の悩みや心配ごと

Copyright© 債務整理&借金相談お申込みサイト , 2022 All Rights Reserved.